おまとめローンを比較するなら知っておきたい注意点

おまとめローンを比較するなら、一番に金利に着目してください。
金利は1%でも低いほうが有利であり、特に借入総額が大きい方ほど金利にこだわる必要があります。
おまとめローンの場合は総量規制の対象にならないので、あくまで一本化資金の借入にこだわりましょう。
消費者金融のキャッシングだと、年収の3分の1までしか借りることができません。
おまとめローンは多目的ローンとは異なるため、総量規制の対象にならないわけです。

ただし、キャッシングをおまとめローンとして利用するなら注意点があります。
用途不問のキャッシングに関しては、おまとめ用としても活用できます。
ただし、注意点として総量規制の対象になることがあり、一本化する資金を全額借りられない可能性があるのです。

おまとめローンを利用するなら、絶対に一本化させたいものです。
返済日が月に1回になるだけでも、気持ちは相当に楽になるでしょう。
借金総額がそれほど多くなくても、借入先が増えてくると精神的に辛くなってきます。
そもそも借入先を増やしてしまう方は、複数社から借りないと目的の借入ができなかったはずです。

おまとめローンの比較をするなら、借入先の金融機関にもこだわりましょう。
一般的におまとめローンとして利用されるのは銀行ローンであり、消費者金融を使用する方は少ないです。
消費者金融で一本化しても、今と金利はほとんど変わらないはずです。
18.0%が17.8%まで下がっても、利息の減額はあまり実感できないでしょう。
関連サイト