銀行カードローンの仕組み

銀行カードローンの仕組み

カードローンとは、個人向けの無担保融資のことです。そのため、個人信用を重視しているローンと言うことができます。申込者は原則、安定した収入がある方となっています。ローンには大きく分けると目的ローンとフリーローンの2種類がありますが、カードローンはフリーローンのひとつとなっています。そのため、資金使途が限定されていません。そのため、目的ローンより金利が高めに設定されています。別の特徴としては、カードローンは限度額内であれば何度でも借りたり返したりすることができます。返済方法はいろいろありますが、基本的には、利用残高に応じて毎月5千円や1万円など、あらかじめ決められた返済額に基づいて返済を続ける残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。枠内であればいつでも自由に引き出すことができるので、一度カードローンをつくると借りる返すをずっと繰り返してしまいカードローンに対しての借金感覚が薄れてしまうというデメリットがあるので注意が必要です。そうなってしまうと金利だけでも相当な額を払ってしまうことになり、カードローン地獄に陥ってしまう危険性もあります。カードローンは、借金で借りている期間にともない利息も必ず発生します。ですから、突然必要な時もあるのでカードがあると便利ですが、利用残高を早めにゼロの状態に戻すようにするようすることをおすすめします。無くなったらすぐに借りるというクセはつけないようにしましょう。